人気ブログランキング | 話題のタグを見る
NEW POST

師走よりも走った霜月。

ずいぶんと更新をあけてしまいました。

11月の2週目に身内の不幸があり帰省をし、戻ってきて即行引っ越しでバタバタ。まだ家も片付かぬうちから京都旅行へ出かけ、帰ってきてすぐ仕事関係のあれやこれやで徹夜をし、体力の限界で風邪をひき、意地で治して宣材写真の撮影へ……。先週の土曜日でやっとこさこの怒涛のスケジュールが終わったのでした。やれやれ。
恐らく師走よりも慌ただしく走り回ったであろう霜月も、気づけば今週で終わり。早いものですね。

それはともかく、前述の通り11/18〜20にかけて、京都へと旅行に出かけて参りました。母と弟、そして天国の父の想いを連れて(※注:イイ話系にするつもりは毛頭ありませんw)。
この時期の京都ですから、もちろんお目当ては紅葉。修復中で舞台などまったく見えない清水寺にがっかりしつつも、高台寺に青蓮院門跡、そして紅葉の名所としても名高い永観堂禅林寺の夜間拝観など、美しい紅葉を堪能してきました。

師走よりも走った霜月。_f0380712_00153170.jpg

永観堂の絶景は、恐らく私が今までに見た紅葉の景色の中でも1、2位を争うに違いないほどの美しさ。(その他の写真は私のインスタをご覧ください)

旅行中に食べた食事の美味しさもさることながら、お土産の買い物に立ち寄った漬物屋さんで出される、試食とは思えないほどの漬物とお茶のおもてなし。しかもそれがめちゃくちゃ美味しい。

……私は海外の文化が好きで外への憧れがとても強いので、日常的に「日本が好きだ」「日本人でよかった」と思うことはほぼありません。しかし京都に行くと、こんな私でも「日本は美しいな」「日本人でよかった」と思うのだから不思議です。

純和風の建築、日本の(とくに幕末)の歴史、和食にお茶……。よく考えれば、私にも大好きな『日本』がこんなにあるのだということに気付かされるのです。私がこれまで携わってきた作品も和モノが多いし、自分のオリジナル作品の1つなんかも、がっつり和モノだったりしますしね。
そんな大好きな『日本』の姿を思い出して嬉しくなる一方で、なんでもかんでも「新しい」や「便利」を良しとする現代日本社会のコントラストをより強く浮き彫りにしていくので、京都は私に複雑な感情を与える街でもあるのですが。

また、それこそ私にとって大事な作品となっている某幕末モノのゲームタイトルがありましたが、モデルにさせていただいた幕末志士たちが活躍したのも京都。彼らがこの地に立ち奔走したのだと思うと、これまたなんとも形容し難い感情がこみ上げてくるのです。
「大好き」なんていう陳腐な感情でも「尊敬」でも「愛」でも「恋」でもない感情。

ずっと機会がなくて行けなかったのですが、今回はじめて霊山護国神社に墓参りに行くことができました。坂本龍馬、中岡慎太郎、桂小五郎、高杉晋作、久坂玄瑞。名前を目にしただけで、胸がきゅーっとなって涙がこみ上げそうになる。この感情に名前をつけてくれる方、募集してますw
20代後半の女が一人、小雨の降る中墓の前で傘を閉じて懸命に手を合わせている姿は、さぞ奇妙だったことでしょう(笑) けれど、積年の想いがなんだか報われた気がしました。


……まあなんだかとりとめがなくなって来たのでこの辺にしておきますが、京都はやはり色々な意味で魔の巣食う街なのかも知れません。たくさん心が動かされ、懐かしいような新しいような感覚に惑わされる。私が国内で唯一、何度行っても飽きない、何度行っても違った風景を見せてくれる街。
私はこの街ー京都ーが好きなのです。




最後に申し訳程度に残しておくと……

一緒に行った母がとても楽しそうにしていたので、大した親孝行になったとは思っていませんが、ほんの少しでも親孝行になったであればこれ幸い。久しぶりの家族旅行、私もすごく楽しかったです。




by cercatrova-n | 2017-11-28 00:54 | 日常-Daily-

旅するシナリオライター/トラベル&シナリオライター・ホリタナツミのブログ。日々のことや旅のことなど徒然と……


by cercatrova-n