人気ブログランキング | 話題のタグを見る
NEW POST

「旅」の最中にナポリから。

大変ご無沙汰しています。
更新するネタはあったはずなのに、忙しさと怠けにより、ものすごーく間があいてしまいました。。

さてさて。6月に1ヶ月間のマルタ留学を経て、また地中海方面の地に戻ってまいりました。現在イタリアで旅の真っ只中。3度目のイタリア。大好きなイタリアです。

初めてのイタリアは、弟を連れてローマ→フィレンツェ→ヴェネツィア→ミラノという、ど定番コースの「旅行」。2回目のイタリアは、マルタ滞在中に週末を利用してシチリアはパレルモへ。そして今回3回目のイタリアは、ローマ→ナポリの一人「旅」。

「旅」の最中にナポリから。_f0380712_02430696.jpg

今はナポリに入って、滞在5日目。ナポリを拠点にポンペイやカプリ島へ行って来ました。明日はどうしようかな。アマルフィにでも行ってみようかな、なんて考え中。

今回の一番の目的はやはりナポリ。Airbnbでアパートを借りて1週間ナポリに滞在しています。2度目のローマはいわば経由地で、ホテルに3泊しました。

ナポリは「治安が良くない」と聞きます。確かに実際に来てみて、今まで訪れたイタリアの中では一番「治安が良くない」と思います。スリや置き引きなんて可愛いものではなく、路地裏の廃れた雰囲気や、駅周辺の広場にたむろしている黒人移民の方々(昨日殴り合いの喧嘩をしてた……)など。そうやって「治安が良くない」と言われているナポリだからなのか、まず日本人の旅人に出会わない。昼間に行ったピッツェリアで、偶然ナポリで留学している大学生の男の子と、そこへ遊びに来ている母親と同席になりました。そのときに、「日本人女性で一人でナポリに来た人なんて見たことない」と言われました。彼が言うには、日本人が来るとすれば、団体で比較的治安のいいチェントロ(中心地)あたりにいる。私が滞在している駅周辺は、滅多に日本人はいない、とのこと。

「観光旅行客」は、安全に楽しく綺麗なイタリア・ナポリの姿を見たいはずなので、きっとそれは当然のはず。でも私は、「旅行」をしているつもりはないんです。旅行ではなく「旅」をしにナポリに来た。だから、「ナポリを見てから死ね」と形容される程の風光明媚なナポリの景色も見たいし、黒人の移民たちがたむろしているナポリのもう一つの顔も知りたいと思ってしまう。

「旅」の最中にナポリから。_f0380712_04480298.jpg

ナポリに到着したとき、歩道にゴミが散乱している光景を見て、もちろんゴミのポイ捨ては褒められたことではないんですが、不覚にもワクワクしてしまった自分がいました。
「ああ。来ちゃった、ナポリ」
という、冒険心が疼くような感覚。

私が「旅」をしたい理由のひとつがきっとそこにあります。

ワクワクしたい。
ドキドキしたい。
冒険がしたい。

だから私は「旅行」ではなく、一人で「旅」をするんです。

「一人旅って何が面白いのか」とか「寂しくないのか」なんて思う人もいると思います。そう思う人と一人旅が好きな人って、きっと「旅行」や「旅」に求めているものが違うんだろうなと思っています。

もちろん私だって「旅行」は好きです。大人数で行く旅行も楽しいし、気心の知れた人と行く旅行も楽しい。でもそれはそれ。

じゃあ「旅行」と「旅」の違いってなんだろう? 私はこう思います。

旅行は、
 ・安全、安心に楽しめるもの
 ・計画性のあるもの
 ・たまの贅沢
 ・綺麗な景色を見るもの
 ・美味しいものを食べるもの
 ・疲れるもの

旅は、
 ・ドキドキ、ワクワクするもの
 ・無計画で何が起こるかわからないもの
 ・現地の暮らしを知るもの
 ・現地の人と触れ合うもの
 ・マインドフルネス
 ・自分と向き合うもの

あくまで私個人の考えですが。

旅の最中、比較的私は何も考えていません。……というと語弊がありますが、今自分が見ているものと自分が立っている場所のこと。それからこれから向かう場所のこと。それくらいしか基本的には考えていません。

日本で日常を生活していると、「今」と向き合うことってなかなかないんじゃないかと思います。「ああ、アレをしなきゃ」「今日のご飯はどうしよう」「明日の仕事は……」とか、何かしながらも常に別のいろんなことを考えて生きている気がします。

でも旅の最中ではそれらから開放されて、「今」と「ここにいる自分」とだけに集中していられる。そんな時間が私にとってはとても大切で、とても心地のいいこと。いわゆる「マインドフルネス」というやつなんじゃないかと。

私にとってそんな時間はやっぱり必要で、大切で。だから私は「旅」に出るんだろうなと、勝手に結論付けています。

ふと、「旅」の最中にいる自分のことが好きだと感じることがあります。自分自身の足でしっかり歩いて、自分の選択でしっかり前に進んでいくことができる「自分」が、すごく頼もしく感じることもある。一人旅の最中は「自分」しか頼れるものがいないから、「自分」をもっと知ることができるし、自分と知らなかったもう一人の「自分」の絆が深まる感じもする。

きっと「旅」をしたことがない人には、あまり伝わらない感覚かもしれませんが、これが私の「旅」をする理由。「旅」が好きな理由。

「治安が良くない」と言われるナポリに女一人でやって来て、たくましく、楽しく現地で生活してる自分が、今とても好きです。それから、ホテルではなくAirbnbのアパートに滞在することによって、ちょっとだけナポリの日常の一部になれた気がするのも、すごく心地がいい。

「旅」や「旅行」のスタイルは人それぞれだけど、私にとってはこれが「旅」。

大好きなイタリアの地。
大好きなイタリアの空と太陽。
大好きな地中海の海。

「旅」をしていなければ、知らなかった世界。

この愛おしいすべてを全身で感じながら、もうちょっとだけ続くナポリの「旅」を楽しもうと思います。


最後に、私の大好きな言葉。

―世界とは1冊の本であり、旅に出ない者は本を1ページしか読んでいないことと同じだ―
                                Augustinus



by cercatrova-n | 2018-10-20 05:00 | 旅-Travel-

旅するシナリオライター/トラベル&シナリオライター・ホリタナツミのブログ。日々のことや旅のことなど徒然と……


by cercatrova-n